- 2 -  .
【整理番号】  327011113
【掲載・登録日】  平成13年3月27日
【発明・考案の名称】  光学機器その3
【発明・考案者 出願人】
【郵便番号】  302−0011
【住所又は居所】  茨城県取手市井野503−31
【氏名又は名称】  根本善弘
 
【発明・考案の詳細な説明】 - 続き - 
【0004】
【課題を解決するための手段】【発明・考案の実施の形態】
‖斥杆を黒色の材料で吸収して熱に変換する。その熱で水などを蒸発させる。
 高い位置に蒸気を送りそこでタービンを回させて運動エネルギーを奪い液化さ
 せる。液化した液体を低い位置に落下させてその運動エネルギーでタービンを
 回す。それぞれのタービンで発電する。
▲譽鵐坤イド方式において真空引きした円筒の中にレンズを出来るだけ間隔を
 広げて配置して、そのレンズで光が拡散しないようにしながら光を送る。
B斥枦澱喇縮未覆匹僕僂い蕕譴詒深曜瓢瀚譴慮桐を応用して光アイソレーター
 を作製する。光の進行方向が太陽電池で言う所の表面側から入るような配置に
 膜の屈折率を選ぶ。これを直列につなげて必要な能力が得られるようにする。
じ学プラスチックを高圧下で合成すれば密度が高くなる。
 
【0005】 
【実施例及び発明の効果】
^族舛淵轡好謄爐琶儡晃率の高い太陽光発電が構成できる。
損失がレンズを通過するときだけなのでレンズの間隔を広げ、レンズ間を真空
 にすることで損失を極限まで抑えることで光のエネルギー伝送も可能になる。
どのような偏光面の光でもまとめてアイソレーション出来る。
 使用可能な波長帯が可視域に出来る。
ざ折率の高いレンズを作製できる。
 
 <<<  
______._________._________._________._________._________._________._____
・この文書は著作権法により保護されています。無断転用、改変、販売等は固く禁じます。
・この情報に基づき被った損害について当社及び情報の提供者は一切責任を負いかねます。
© Copyright (c)2001 根本善弘 All Rights Reserved / ALive8 com. Concurred