【整理番号 掲載日】  209071031  平成19年2月9日
【発明・考案の名称】  無線型再生装置
【発明・考案者 出願人】  GoodTake
【発明・考案の詳細な説明】
 【0001】 
【技術分野】【従来技術】【課題】【実施形態】【効果】
   携帯電話やMP3データ記憶装置等の携帯端末に於いては音楽等の通信信号を
再生する装置部品としてイヤホンやヘッドフォンが一般的に使用されているが、
多くの装置は携帯端末と通信・制御信号を送受信する為の通信線を有している。
それらの通信線は携帯端末の使用者が歩行や運動をする際にきわめて煩雑であり
携帯端末のデータ通信と通信制御が無線(ワイヤレス、コードレス)で行なえる
機構装置を持つイヤホン(ヘッドフォン)が望まれる。イヤホン等の再生部品と
携帯端末を無線通信させる事で、使用者の頭部にはイヤホン等の軽量部品のみを
装着させ、本体の携帯端末はより自由な場所に配備し使用する事が可能になる。
 【図 1】 
【図面の簡単な説明】
   イヤホン 淵悒奪疋曠鵝砲魯錺ぅ筌譽后淵魁璽疋譽后砲如携帯端末から、
無線通信△鯒涓陲靴督命データを受信し音楽等のデータを再生(視聴)する。
イヤホン 携帯端末、或いはその双方にはアタッチメント部品等を付加し
無線通信△鳩搬喘舎を制御してイヤホン,虜得献如璽拭β度等を調整する。
 【符号の説明】
  〆得諺置(イヤホン)¬祇通信(赤外線、FM等)
7搬喘舎(携帯電話、MP3データ記憶装置等)
  ______._________._________._________._________._________._________._____
・この文書は著作権法により保護されています。無断転用、改変、販売等は固く禁じます。
・この情報に基づき被った損害について当社及び情報の提供者は一切責任を負いかねます。
© Copyright (c)2007 GoodTake All Rights Reserved / ALive8 com. Concurred